株式会社アイカム・シンカ

人と企業の共栄・シンカをプロデュースします。

トップ > スピリティクス・ソリューション

スピリティクス・ソリューション

スピリティクスとは

『スピリティクス』は、弊社がとても大事にしている考え方であり技術です。

弊社では、「自分の人生を自分でプロデュースする」ことをサポートしています。

誰の人生でもない、自分の人生を自分でイキイキと充実したものとする。
誰もが人がそう思い、願っていることでしょう。

でも、意外と現実的には行動がともなっていない人の方が多いように思えます。
まずは自分の思いを強くもち、それを実現するという志も強くする。

そしてそれらは、自分の自我的な欲求を満たすこと(やりたいこと)だけでなく、誰かのため、社会や世の中のためになる大我であって、自分がこの世に生まれた意義のようなもの(やるべきこと)であれば、誰からも応援をしてもらえる。

それらは、精神論としてだけでなく、現実の日々に行動として反映させていく。 それらは、まわりのあらゆる人や環境にも手助けをしてもらい、それらへの感謝をもとに期待にも応え志を実現していく。

結局、それぞれの人の人生は、そういったことを全うすることだと考えています。

スピリティクスは、そういった考えのもとにそれらを実現していく考え方であり、 自分で自分の「思いを実現するための方程式」を立てる技術です。

スピリットを現実化するための永続的な技術でもあり、よくある自己啓発的な精神鍛錬や、一時的なテンションアップではなく、さらに宗教的なマインドコントロールでもなく、自分と向き合い、それぞれの人が自分のための方法を見出す、論理的かつシステマチックな進め方です。

スピリティクス = スピリット ミックス

SPIRITiXは、SPIRIT mix の略でもあります。

スピリットミックスとは、「真の心」と「行動精神」のミックスです。

真の心とは、自分の心と、一過性ではなく自然や万物が太古の昔から脈々とつながっている心が融合したものととらえています。 それは、私利私欲の心ではなく、大我である心のことです。

日本古来から伝承されている「大和ごころ」を大事にし、そこに現代の考え方や技術を融合させ、社会を発展させるヒントがそこにあると考えています。

自分だけが豊かになることを目指すのではなく、周りの人も、わが国も、世界も、そして今だけでなく、未来への豊かさを目指したものであることであれば、必ず実現できると考えています。

これらは「引き寄せの法則」などとも言われ、周りや運やひらめきなど、何か目に見えないものまでが、応援側に入るとされています。 でも、あくまでも「法則」であって、何もしなくても、その法則があてはまるわけではありません。

その法則とやらを自分の成果につなげるための行動精神と実践方法が組み込まれた「自分だけの成功方程式」が必要でしょう。

それぞれの人がそれぞれの自分の成功方程式を立てること、それがスピリティクスです。

スピリティクス = パッション × ミッション

自分はどのようなことをして生きていくのか、
それらの選択をする際にしっかり抑えておくべき項目が、
・やりたいこと
・やれること
・やるべきこと
です。そしてそれらは、それぞれの深さも必要です。

自分と向き合い、 自分が本当にやりたいことと、他の人より卓越してできること、そして使命としてやるべきことを明確にし、本気で達成する覚悟をもつことで、 選択の悩みがなくなるだけでなく、目的達成に向かって力強く進むことができます。

本当にやりたいと思うこと、それが「パッション」です。

パッションは、一般的に“情熱”と訳されますが、私どもでは強い思いと定義しています。熱くなくても、強くあるべしということです。

まずはこの強い思いをもつことがスタートです。

そして、あなたが使命としてやるべきこと。

どの人も、社会的存在意義があります。
企業所属かどうか、起業しているかどうかは関係なく、社会とつながりをもって生きている限りは、必ずすべての人に社会的存在意義があります。

「それは何か」がはっきりわかっていると、どんどん前へ進んでいけます。

さらにそれがもし自分がこの世に生まれた使命だと確信が持てるようであれば、悩みなく進めます。

この人生で何をなしたいか、何をなすべきか、 自分で考え、それに確信が持てたら、それがあなたの「ミッション」です。

これらの、パッションをもって、ミッションを実現する、
それが「スピリティクス」です。

アイカム・シンカでは、強い思いと自信と確信をもって、なすべきことを実現する、
パッションプロデュース & ミッションナビゲートで、
ライフキャリアをサポートしています。

これらのサポートのため、塾やコンサルティング、社会活動を実施しています。



スピリティクスと、世界保健機構(WHO)の健康の定義


世界保健機関(WHO)では、その憲章の前文で「健康」について、次のように定義しています。

Health is a state of complete physical, mental and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity.

健康とは、病気でないとか弱っていないということではなく、 肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあることをいいます。(日本WHO協会訳)

「社会的に」、というところが、特に今の日本でも注目しなければならない点ですね。
さらにそれらに対し、1998年に新しい定義を総会提案とすることが、WHO執行理事会で採択されました。 その内容がこれです。

Health is a dynamic state of complete physical, mental, spiritual and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity.

静的に固定した状態ではないということを示す dynamic が付け加えられ、あわせて spiritual が加わっています。

ここでいう「スピリチュアル」って何でしょう?
これは、日本語のいわゆる心霊的なという意味とは異なり、 人間の尊厳の確保や生活の質を考えるために必要で本質的なものだという観点だとされています。

とても難しい概念であるがゆえにまだまだ浸透していませんが、アイカムでは「魂的」と訳しています。

健康であるとは、 「肉体的、精神的、社会的、そして魂的に健康である状態」のこと。

私どもでは、この中で、精神的に加え、特に「社会的、魂的」に健康でないために、 日々やビジネスがうまくいっていない人が多いと考え、 それらの視点でのサポートを行っています。 それらが「スピリティクス」です。


スピリティクス = サイエンス × スピリチュアリティ


スピリティクスは、
目に見えないエネルギーを、 論理的・科学的にかつ魂的に、 現実世界に活かす技法でもあります。

スピリティクスは、
「スピリット的な(精神的な)」と 「スピリチュアル的な(魂的な)」のかけ算的な意味ももっています。

知識・知恵、マインド・スピリット、スキル、こだわり、信念、潜在意識・潜在能力、天賦の才能など、自身のもつすべての内的エネルギー。

そして、目に見えない自然や宇宙からの外的エネルギー。

私たちのまわりには2つのエネルギーが存在します。
これまでそれらの2つは、それぞれ別々に活かす方法はありました。

しかし、それらのエネルギーを融合して活用すれば、もっとパワフルになるはず。

それが、スピリットミックス=『スピリティクス』です。

歴史的偉人も、現代のビジネスの成功者も、みな最初から成功に関して自信をもっていました。しかもそれらは、最初は「根拠のない自信」がほとんどです。

それらが、行動指針となり、一挙手一投足に反映され、いわゆる「かもしだし」までもが成果に反映され、進んでいくうちに自信となり、確信となっていきました。

いかに、目に見えないエネルギーが重要かということがわかります。

アイカム・シンカは、知識・知恵、そしてマインド・スピリットをインスパイアし、人やビジネスの世界で無限の可能性を最大限拓いて、精神的にも現実的にも真の豊かさを感じられる毎日へと導くことを目指しています。

世間でよくあるようなあやしいスピリチュアルではなく、地に足のついた本質的な魂的なWHOのいうスピリチュアルを、サイエンスとの融合によって、鬼に金棒パワーとできるのではないかと考えています。

すべてを運に任せたり、運命などすべてが生まれる前から決まっているという考え方ではなく、自らの力で自らの思いを実現するための考え方であり技術、それがスピリティクスです。

スピリティクス = スピリット & スピリチュアル

スピリティクスは、
スピリット・チック(精神的な)とスピリチュアル・チック(魂的な)の両方の意味を備えた言葉の名詞形でもあります。

世の中にあふれるエネルギーの恩恵を得るためには、自分自身でまずパッションを持ち、 精一杯の行動や努力をする必要があります。

さまざまな判断を占いに任せたり、神頼みだけで自分が努力しなければ、良い結果がでないことは明確です。

スピリットを高く持たないと、さまざまなエネルギーは自分のパワーにできません。もちろん、パワースポットに行けばうまくいくとか、神社仏閣でお願いすれば大丈夫などということはないことは明らかですが、アイカム・シンカでは、神社参拝をします。

「アイカム・立志創世八十八訓:シンカのための8つの方程式」の1つである「神頼みも自分が9割」はこれらがベースとなっています。

スピリティクスを活用すると
「スピリティクス」を取り入れ、実践すれば、ビジネスもパーソナルライフもうまくいきます。そして、それらを統合した「ライフキャリア」も充実します。

ワークライフ インテグレーションの礎でもあります。

仕事を含む日々の生活が充実してこそ、あらゆることが好転します。

パワースポットやパワーストーンなどについて、実際、効果はあると考えています。でも、すでにエネルギーが枯れているパワースポットや、負のエネルギーが貯まっている場合もあります。

パワーストーンやパワーブレスレットも、自分の願望とともに自分の今の状態に合ったものではないと効果は低くなります。これらは、科学的にエネルギー学的にも説明ができます。

逆に、これを買わないと不幸が起こる、というような負のエネルギーをお仕着せる人もいますが、見えないエネルギーは、そんなことには使われません。

スピリティクスは、人の負の側の心理を悪用する考え方や技術ではありません。

私どもは、一人でも多くの人が、Win-Win-Winを志し、真に豊かな世界を創世する一翼を担うことに喜びを感じ、実践していくご支援をさせていただきたいと考えています。


サービス

関連団体・グループ


ページのトップへ戻る